gurukosamin

グルコサミンとは

グルコサミンとは

グルコサミンとはムコ多糖類の一種で、
動物の皮膚や軟骨、カニやエビなどの甲骨類の殻のキチンに含まれています。

アミノ糖の一種で、グルコースという糖類に、アミノ基が付いた糖の一種です。
サプリメントであるグルコサミンはこれら甲殻類の抽出精製物です。

人の体の中では、軟骨、爪、靱帯などに存在し、軟骨細胞を形成する成分です。
心臓弁などにもグルコサミンが存在しています。

加齢、肥満、運動不足などによって軟骨の再生不良が起きると、
腰痛や膝の痛みが発生し、関節炎などに進行することもあります。

グルコサミンは、この関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。
これらのことから、グルコサミンが
「膝の痛みに効く」「関節の動きをなめらかにする」などといわれ、一躍脚光を浴びました。

また、軟骨組織や関節液に存在するコンドロイチンやヒアルロン酸の主原料となります。

グルコサミンの効果

グルコサミンは、免疫、がん、炎症、骨関節炎、
特に膝関節炎痛に有効であると言われています。

しかし、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、
その効果がないことが示唆されています。

また、グルコサミンを短期間、適切に経口摂取する場合は安全ですが、
血糖値、血圧、血中コレステロール及びトリグリセリド値の上昇などが
報告されていますので、糖尿病、高脂血症などの方は注意する必要があります。

摂取する場合には、軟骨成分と呼ばれる
コンドロイチンと一緒に摂取することがおすすめです。
コンドロイチンにより、より効率よく、
さらに大きな健康パワーを得ることが期待できます。

さらに、妊娠中、授乳中の安全性についても
バックデータがありませんので使用を避けるべきです。

また、若い人が長期にわたって摂取すると、
自然な軟骨再生力が低下する可能性があるので注意が必要です。
さらに、グルコサミンの経口摂取の副作用としては、軽い胃腸症状が報告されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です