gurukosamin

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは
主に関節の軟骨や、体内の粘液に含まれているアミノ酸の一種です。
コンドロイチンは、体内で不足すると
軟骨の弾力性や水分が失われて関節痛を引き起こす原因となります。

コンドロイチンは、フカヒレの主成分として知られていますが、
実は、食品にはあまり含まれていません。
コンドロイチンは元々、体内に存在する成分なので、
成長期などは大量に分泌されているのですが、加齢によって生産量は減少していきます。
肌のコンドロイチンとコラーゲンが低下すると、
栄養素が十分細胞に行き渡る事が出来ず、細胞の老化などの原因になります。

コンドロイチンは25歳を境にして体内生成量が減少し、
肌の老化や関節の痛みといったトラブルを引き起こす事になります。

そのため、サプリメントなどで
コンドロイチンを摂取することが必要になってきます。

コンドロイチンの効果

コンドロイチンの効果としては、

  • 美肌効果
  • 肌の水分保持を
  • 関節で緩衝材として働く

コンドロイチンは、美肌成分の一つであるヒアルロン酸から合成されています。
コンドロイチンは関節で緩衝材として働くだけでなく、
肌の水分保持を行う働きもあり、
近年高い美容効果のある成分として注目されています。

コンドロイチンは、
このようにコラーゲンとともに肌を支える効果があります。
コンドロイチンが不足すると、
身体の細胞は新陳代謝が乱れてしまいます。

コンドロイチンの影響を大きく受けるものの一つに関節の軟骨があります。
この軟骨は関節と関節の衝突を防ぐようにして存在し、
関節の動きをスムーズにしてくれるような役割があります。
また衝撃があった場合や、骨に強い圧力がかかった場合のときは、
クッションとして働いてくれ、骨を守ってくれるようになっています。

高齢の方ほどコンドロイチンが必要だとささやかれるのは、
こういった事が原因になります。

このように、コンドロイチンは少子高齢化の進む日本で、
現在非常に注目されている成分で、骨折や関節症を予防して、
いつまでも自分の足で歩行する為には、コンドロイチンは必要不可欠になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です